• ホーム
  • 速攻で効く勃起障害治療薬の副作用は?

速攻で効く勃起障害治療薬の副作用は?

多様な薬

ED治療薬の副作用はどんなものでしょうか。
子作りに影響はあるのでしょうか。
ED治療薬は勃起障害の人の心強い味方です。
柔らかすぎる棒も中折れも、お薬を飲んで30分ほどの速攻で硬さが維持できる状態になります。
お薬を飲んだらすぐに臨戦状態になるのですが、性的興奮を受けるまでは勃起しないので安心してください。
いわば戦闘準備完了と言った方が正しいかもしれません。
速攻で効果が出る勃起障害のお薬ですが、こんなすごいお薬なら気になるのが副作用です。
副作用は、3つあるED治療薬でそれぞれ程度が違います。
世界初のED治療薬バイアグラは、6割の人に副作用が出ると言われています。
顔がほてったり、軽い頭痛が起きたり、鼻づまりになったりなど風邪のような症状が出るのです。
速攻性も低い方なので、性行為の1時間前に飲むのが一般的な服用方法となっています。
バイアグラの後に開発された2つのED治療薬では、副作用が起きる確率が3割以下です。
速攻度は一方が最強で、空腹時なら20分で効くという速さがセールスポイントの1つです。
もう一方は速攻性が高くないですが持続時間がほぼ2日間あり、一回の服用で何度も性行為できるのが素晴らしい点です。
副作用はバイアグラと同じですが起きる確率が低く、また、食事の影響を受けにくいなどそれぞれ魅力的な勃起障害の治療薬と言えます。
勃起障害のお薬は子作りに影響するのでしょうか。
ED治療薬を飲んで子作りに励む人もいるので気になるところです。
ED治療薬では子作りへの副作用は一切ありません。
お薬は、勃起を解消する酵素「PED5」の働きを鈍くする効果しかありませんので、精子の製造や質などに影響することはないのです。
ED治療薬は、勃起障害で子作りするケースでも安心して使用できます。

最近の投稿
アーカイブ