勃起障害を防ぐには

心配している男性

勃起障害を防ぐためには、まずは何故、これが発生するのかを知っておく必要があります。
勃起は、十分な性的刺激を受取ること、それが信号となって陰茎に伝わること、そして陰茎の血管が拡張され十分な血液が流れ込むことが必要です。
つまり、この内、どこかひとつにでも問題が発生すると勃起障害は発生することが考えられます。
たとえばストレスや肉体的な疲労です。
肉体的なストレスは勿論のこと、精神的なストレスがあると性的刺激に集中できなくなることもあるため、勃起に必要なスイッチが入らず勃起障害が発生することがあります。
特に性的な事柄に対して嫌悪感や恐怖心があった場合も同様です。
ストレスは上手に解消するようにし、もし、性的な事柄対して悩み事などがある場合は、専門医に相談するなどしてそれを軽減していくことが、勃起障害を防ぐためには必要なことです。
夫婦間の場合は、子供を授かることに対しての意識の違いが勃起障害の原因になることもあります。
ですから、可能であれば夫婦の間で、そのことについた話し合いの場を持っておくと良いです。
肉体的疲労も、やはり性的刺激への集中を阻害する要因ですから、早めに解消しておくに越したことはないです。
それから性的刺激を伝えるための神経系や陰茎の血管、血流の健康に努めることも勃起障害を防ぐために必要なことです。
やむを得ないケガなどで神経系にダメージを負ってしまった場合は仕方ありません。
しかし神経系にダメージを与える糖尿病や、血管、血流の健康を阻害する高血圧や動脈硬化、またそれらを要因として発症することもある血管性疾患は、生活習慣に気を配ることで予防が可能です。
暴飲暴食は避け、適度な運動習慣を持つようにすれば、勃起障害の予防だけではなく生活習慣病の予防にもつながるので一石二鳥です。